上野ウインドアンサンブル
HOME ≫ 活動状況

活動状況

当団では、一年を通し、だいたい以下のような活動を行っております。

定期演奏会
2013年定演二部

当団は演奏会を毎年6月に行っております。

近年は三部構成となっており、一部はクラシックや現代曲などの「堅め」の曲、二部は音楽劇、三部はポップスなどでステージを盛り上げております。

なかでも、二部の音楽劇は当団の演奏会の特徴ともなっており、そこでは、バンドをバックに、団員有志が期間限定で結成した通称「劇団そよかぜ」が、舞台せましとパントマイムによる寸劇(ナレーションや台詞は舞台裏にいる司会者が担当)を繰り広げます(写真は、2013年の定演で音楽物語「ごんぎつね」を演じたときのもの)

小さなお子様でも楽しめるよう工夫したその舞台は、小さいお子様を中心に大好評を得ております。

過去の演目については、こちらを参照してください。

全日本吹奏楽コンクールへの参加
2011年東海大会

全日本吹奏楽コンクール(以下、コンクール)とは、中学高校をはじめとした学校の吹奏楽部および職場や市民団体といった日本全国に点在する全アマチュア吹奏楽団体を対象に、毎年夏から秋にかけて行われる、いわば「吹奏楽の甲子園」ともいうべき大イベントです(コンクールの詳細については、wikipedia「全日本吹奏楽コンクール」の項を参照)

当団は、1987年に行われた三重県大会にてコンクールの初舞台を踏んで以来、毎年欠かさずコンクールに参加しており、近年では東海大会に駒を進めることが出来るまでになっております(写真は、2011年に長野県伊那文化会館で行われた東海大会のときのもの)

今後もより上位の賞を狙い、たゆまぬ努力を重ねていく所存です。

当団に関するコンクール情報やアンサンブルコンテスト情報については、こちらを参照してください。

地域のイベントや近隣の小中学校での招待演奏

秋から冬にかけて、地域のイベント主催者や近隣の小中学校から、当団へ招待演奏のご依頼が舞い込みます。当団では時間の許す限りご依頼に応え、当地へ出向いて演奏を行うようにしております。

演奏する曲は、ご依頼主のご要望にもよりますが主にポップスが中心で、合間に各パートによる楽器紹介や、ときにはお客様による楽器の演奏体験や指揮体験なども行い、いずれも大好評を得ております。

演奏会といえば静かに聴くものと相場は決まっておりますが、当団の招待演奏は、知っている曲が演奏されたら、遠慮なく聴衆の子供たちに大きな声で歌うよう薦めております。そのほうが、演奏するほうも実はテンションが上がったり…。

当団への招待演奏のご依頼がありますときは、当団事務局宛てにご連絡ください。

過去の招待演奏や、その他のイベントについての記録は、こちらを参照してください。

練習

これらの演奏活動を支えるうえで大切になってくるのが日頃の練習。当団では、基本的に毎週土・日曜の夜19時〜22時に全体練習を行っております。ただ、本番が近づいてくると、状況に応じて練習時間を増やすこともあります(写真は本番一週間前の様子)

練習場所は特に決まっておりません。その時々で、伊賀市や名張市の施設を借りて練習しています。

団員は皆、本業を持ちながら、趣味の範囲で当団の活動を行っております関係上、たとえ全体の練習でも、全員が揃うことは稀。本番前のリハーサルでようやく全員が揃ったなんてことも珍しい話ではありません。

市民吹奏楽団体の宿命ともいえますが、そんな状況をものともせず、わたしたち上野ウインドアンサンブルは、ただ良い音楽を演りたい一心で、今日も活動を続けています。